今夏初の.../梅仕事、真っただ中

2つの点。 携帯カメラでとらえた蛍の発光。数日前、伊香保(群馬県渋川市)を訪ねた際、“まだ早いかしら”と思いつつ向かった先は“ホタルの聖地”箱島・ホタルの里。車を走らせるほど町明かりが乏しくなり、外灯もない湿地帯に到着。車のエンジンを切ると真っ暗闇に。それでも少しずつ目が慣れ耳が冴え、せせらぎが聞こえました。携帯電話の懐中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅仕事、始めます/ベビマのご報告&ご案内

本当にいい匂い。 6月も5日目。梅雨入りも間もないでしょうか?? 今年こそウメを漬けようと、近所の青果屋さんでウメの実をどっさり買ってきました。同じバラ科のスモモやモモなどと共通する、甘酸っぱくて華やかな、い~ぃ香り。実が黄色い方が、ウメ仕事には適しているそうです。青ウメも混じっているため、日陰にしばらく置いておきます。青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“小さい夏”見つけた/紫陽花カラー

カキの実。 まだまだ堅くて青いカキ(カキノキ科/学名:Diospyros kaki)の実を見つけて「あっ!」。思わず声が出てしまいました。なんとも愛らしい姿だこと。実の大きさに比べて、萼(がく)が堂々としていて頼もしい。この木がカキノキだったとは意識せず... 木陰がただただ気持ちよくて、週1回来るか来ないかの頻度ながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月レッスンご報告/バラ言葉、いろいろ

バラが主役の実習。 先週(5/17、19)、アロマとハーブ5月レッスンを開催しました。2月に「植物オイルとハーブウォーターⅠ」を開催しましたが、今回も植物油脂と芳香蒸留水を学ぶレッスンの2回目。まずはドライローズを使って水蒸気蒸留を行いましたが、部屋中が高貴な香りに満たされました。レクチャーテーマは「オイルを摂る意味」「脂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレ“ビエン”な.../今週(5/17、19)はレッスン

ガラス製の鼻煙壺(びえんこ)。 英語ではスナッフボトル(Snuff Bottle)と呼ぶそうです。形や大きさ、素材はさまざまあり、香水瓶にも似た、嗅ぎ煙草を入れるための小ぶりな容器。日用品として現代見ることはありませんが、中国・清時代に流行した愛煙具。嗅ぎ煙草は粉末状で、蓋の裏に煙草を掬うための匙がついているのですのって。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重五の日に/虹を待つ花

軒菖蒲(のきしょうぶ)。 ショウブとヨモギを束ね軒先に並べたり屋根から下げる、魔除け。火除けの意味もあるそうです。港区・畠山記念館にて。本来、軒菖蒲は5月4日の夜に並べ、5日の朝にはずすそうです。5月5日(重五=端午)の午後、最後のひとつをありがたくいただきました。この場合のショウブはニオイショウブやカオリショウブなどと呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シアワセの色/雨月

花言葉は「贈り物」「気品」「幸運」。 根津美術館のカキツバタ(アヤメ科/学名:Iris laevigata)。緑と紫のコントラストが鮮やかな季節を迎えています。“何れ菖蒲か杜若”とは、どちらもすぐれていて優劣の決めがたいことのたとえですが、この場合の「菖蒲」とは、ショウブではなくアヤメ(=文目)です。薄い紫に、ほんのりと赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月レッスンご報告/小さな恋の、花の色

先週(4/19、21)はアロマとハーブ4月レッスンを開催しました。 4月レッスンで試香した精油は21個。中でも、珍しさがある精油としてはガス抽出法のカモミールローマンやネロリ、ベルガモット。これらは水蒸気蒸留法の精油もあるため香りの聞き比べをしました。それに溶剤抽出法のチューリップ、ミモザ、水蒸気蒸留のレモンマートル、ロー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面影草と襲の色目/今週(4/19、21)はレッスン

京都・松尾大社にて。 雨に濡れる八重のヤマブキ(バラ科/学名:Kerria japonica)。英名は「Japanese rose」。北海道から九州まで分布し、一重と八重咲き(K. japonica f. plena)の品種があり、万葉の時代から親しまれてきた花とのこと。黄金色の花弁を見ていたら、着物の師匠に教わった「襲(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花祭り/菜の花や...

卯月8日(日)は灌仏会でした。 水盤には「誕生仏」と呼ばれる釈迦像が置かれています。お釈迦さまは生まれるとすぐ、右手で天、左手で地を指し、7歩進んで東西南北を顧み「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と唱えたとされますが、そのお姿を表したもの。花御堂を前に、昔、亡き父が、幼い私と姉にこの言葉をかけた場面が蘇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼓草、あれこれ/名残のサクラ

Live with the wind... ステキな贈り物。アクリルキューブに閉じ込められたキク科・タンポポの綿毛。sola cubeという、4センチ角の植物立体標本シリーズのひとつ。添えられた宙(そら)言葉が、冒頭の「Live with the wind(風と生きる)」。「放射状に開いた綿毛は、種子を遠くへ飛ばすための高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラことば/再レッスンご報告

“零れ桜(こぼれざくら)”。 週末に満開のサクラを愛でたのち、数日、“花時(はなどき)”の東京を離れておりました。また同じ場所に向かいましたら、今度はみごとな“花吹雪”に出会いました。優しく吹く風に無数の花びらが舞う様子は、なんとも幻想的。どうにかしてカメラに収めたいと、でも、いかに撮ってみてもうすぼんやり。己の技術の低さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月レッスンご報告/春の風、いろいろ

サクラとヤナギ。 東京でサクラの開花宣言があった3月17日、自宅の玄関先で活けているサクラも花開きました。そこここの白い花弁の集まりは、ほの暗い空間を灯す照明のよう。まこと、“花明かり”です。寒くなったり温かくなったり... この不安定さこそ春らしさ。春分の昨日は東京でも雪が降るほどの寒さでした。一夜あけ、今日は昼過ぎにぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲くやこの花/サクラ香の続き...

零れ梅。 こぼれ梅とは“散りこぼれた梅の花”のこと。または“梅の花びらを散らしたけしき”のこと。数日前、都内某所にて。その日、日中の気温は15度を超え、円やかな日差しある1日でした。写真(↑)はわかりづらいですが、ウメの花弁浮かぶ手水鉢。今春最後となるでしょうか、大好きなウメの香りに包まれました。組香席に誘われ出かけました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月はハーブのレッスン/4月のレッスン日

旬野菜とハーブのほろほろクッキー。 手前の色の濃いクッキーは新ゴボウとカカオ、奥は春ニンジンとシナモンの組み合わせ。旬の野菜と、好みのナッツやフルーツ、ハーブやスパイスと組み合わせ、いかようにもアレンジが効く扱いやすい生地です。来週(3/15、17)はアロマとハーブの3月レッスンを開催します。今年は3・6・9・12月にメデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロマフェスタ2018 in Tokyo/香水作りに向けて

今年も行ってきました。 AEAJ主催の「第20回会員のつどい アロマフェスタ2018in東京」が2月25日(日)に東京国際フォーラムにて行われました。今年は諸用あり、会員向けセミナーには出席できず、セール会場に行くのみとなりました。例年、お目当ての品を求めに、なるべく開場時刻に間に合うように行っておりますが、今年は午後に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月レッスンご報告/4月以降のスケジュール...

先週はレッスンが続きました。 バレンタインの日(2/14)、特設レッスン「ハーブラムネを作る会」を開催しました。2016年5月にハーブとアロマ5月レッスンの実習でラムネ作りを体験済みではありましたが、今回、コツをつかむのに少々時間を要しました。ラムネ好きの2歳児が見守る中、トントンカンカン... の音が鳴り響くこと小1時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週(2/14、15、17)はレッスン/チョコっと小話

まだまだ硬いウメの蕾(2月11日時点/鎌倉)。 例年なら今頃「梅便り」が聞かれていいようなものですが、寒冬の影響で全国的に遅れているようですね。それでも、日当たりのよい高い枝にはちらほら蕾が綻ぶ姿も見られました。この数日、関東では比較的温かな日が続いており、満開の梅と出会えるのもそう遠くないでしょうか。視線を上にばかりして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

におい展/初午大祭2018

梅の香り。 生のウメ(バラ科/学名:Prunus mume)ではなく、あくまで香りのサンプルですが、本当によい香りでした。古来、“梅は夜見るもの、香りを楽しむもの”だった花。「清香」とはウメの別名ですが、清い香りでありながら、しっかりと存在感も。 ...行ってきました「におい展」。そのキャッチフレーズがおもしろい! “悶絶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2月はオイルとハイドロゾルのレッスン/イチゴのはなし

ハイドロゾル(hydrosol)。 上記のほか、ハーブウォーター(herb water)やフローラルウォーター(floral water)と呼ばれるのが一般的でしょうか。日本語では芳香蒸留水。ほかにもアロマウォーター(aroma water)にプラントウォーター(plant water)、アクアロム(Aquarome)、イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more