ますます.../干し柿のミルフィーユ

銘を「やくばらい」。

厄払い.jpg


茶の葉さんの、豆まきのを模したお菓子。あと数日で節分、そして翌日には立春を迎えます。ところで、今年の節分は2月3日ではなく2日。1日早まるのは明治30(1897)年以来、124年ぶりとのこと。ちなみに、節分が2月4日になることもあり、こちらは昭和59(1984)年、37年前が直近のようでした。今年は初釜もなく、年始のお稽古がいずれも休みとなり、季節を感じる場面が少ない冬をさみしく思います。寒さを越えて温かな陽射しが戻るとき、世の中の状況も今よりよくなっているでしょうか... 冒頭の茶の葉さんに戻りますが、2月に入ると販売が始まるチョコレートをかけた干し柿が、毎年の楽しみとなっております(干し柿チョコに関する記事はこちら)。干し柿チョコも、春も、待ち遠しいです。
.......................................................................................................
●2・3月のスケジュール
干し柿つながりで... 写真(↓)は「市田柿ミルフィーユ」。製造元はこだわりの半生ドライフルーツを作られている「南信州菓子工房株式会社」、先日初めていただきました。干し柿の層のあいだに挟まれた白い部分はカルピス発酵バター。柿のもっちりとした弾力と甘さ、上質なバターのコクと香りも利いて、絶妙な美味しさでした。市田柿(いちだがき)とは渋柿の品種名で、それより作られる小ぶりながらもっちりとした干し柿は、南信州を代表する特産品。ドライフルーツの枠を越え、高級和菓子にも位置づけられます。ところで、干し柿表面に白い粉がついていることがありますが、カキの実の糖分が結晶化したもの。中国ではこれを「柿霜(しそう)」と呼び、咳止めの生薬として用いたそうです。

柿のミルフィーユ.jpg


2月13日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
2月18日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
3月18日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
3月20日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30

アロームロームが主宰するレッスンや、トリートメントのお問い合わせ・ご予約は、恐れ入りますが<info@aromerome.com>にメールをいただくか、080-4175-0913までご連絡お願いいたします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス