藍刈/港区立みなと科学館

蓼藍(たであい)の葉を刈る季節。 日本、そして世界を代表する染め物・藍染め。藍は”人類最古の染料”と呼ばれ、その原料となるのはタデ科のタデアイ(学名:Persicaria tinctoria)。東南アジア原産で、日本へは奈良時代にはすでに大陸より渡来していたといいます。葉は染料のほか、乾燥させて解熱・殺菌の薬や、葉や茎を粉…

続きを読むread more