初冬香/今週来週(11/21、30)はレッスン

初冬のある日。

初冬.jpg


「初冬香」という組香を、心ゆくまで愉しんだ日。試し焚きのある「嵐」3包と「雲」3包をうち混ぜ、そこから2包を抜き、試焚のない「客」1包 を加え、合計5包の香りを聞きわけます。お客さんは答えを記入する記紙に、たとえば、<嵐・雲・嵐・ウ・雲>などと、記入します。試しのない香り「客」と思えば、客の字を崩したカタカナの「ウ」と書きます。お客さんの答えを記録紙に転記、答え合わせし、点数をつけるのがお筆者(執筆)の仕事ですが、雲、嵐の数により、記録紙の中段に名目を書き入れます。嵐を多く聞けば「落葉」、雲を多く聞けば「時雨」、嵐・雲二炷ずつ聞いて嵐が先なら「木葉雨」、嵐・雲二炷ずつ聞いて雲が先なら「村時雨」。香道や組香の説明はこちらが詳しいです。

初冬2.jpg


木葉雨とは風もないのに木の葉がはらはらと雨のように降り続く様を表した冬の季語。村時雨はひとしきり激しく降っては止み、止んでは降る雨。点数の部分には、当てた香の数が「二」「三」「四」と漢数字で記されます。ただし、5つすべてを聞けたならば「五」ではなく「初冬」の文字が、1つも当たらなければ「無」ではなく「小春」の文字が記されます。小春日和は、秋から初冬にかけての気まぐれなぽかぽか陽気。でも晴れたと思うと曇り、曇ったかと思うと晴れ、ときおり断続して雨も降る空模様でもあります。”小春日和に、ついうとうとして聞き逃してしまったのね”、という意味が込められているのだとか。 ...香席当日の日中の気温は20度まで上がり、温かな過ごしやすい日となりました。
.......................................................................................................

●11・12月のスケジュール
さて、いよいよ今週(11/21)と来週(11/30)はアロマとハーブ11月レッスンを開催します。事情により、〔土曜クラス〕の開催は翌週となりますのでお間違えないようご参加ください。「かをり、古今東西〔冬編〕」は鎌倉時代、室町時代の香りや、香道成立までのお話です。紹介する精油は柑橘系4種、スパイス系4種、樹木系4種の計12種。なお、本レッスン、と行いこれまで31種の香料を紹介しましたので、通計43種、紹介することとなります。実習では冬または祝い用の香で知られる、六種薫物の1つ「黒方(くろぼう)」をイメージして、調香いただきます。今回、シックな黒×シルバーのアトマイザーボトルを準備しました。賦香率20%のパルファム(香水)を作ります。

黒方.jpg


11月21日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
11月28日(木) ベビマ11:00-12:00/14:30-15:30
11月30日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
12月5日(木) 特設レッスン11:00-12:30/ベビマ14:30-15:30
12月7日(土) 特設レッスン11:00-12:30
12月12日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
12月14日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30

アロームロームが主宰するレッスンや、トリートメントのお問い合わせ・ご予約は、恐れ入りますが<info@aromerome.com>にメールをいただくか、080-4175-0913までご連絡お願いいたします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0