「侍従」/今週(8/24)は7月再レッスン

「ji-ju」と聞いて何を思い浮かべますか?

秋の月.jpg


「じじゅう」のほか「おもとびと-まちぎみ」とも読むそうですが、“君主の側近くに仕えることや仕える人”というのが、辞典での1番目の意味。律令制では天皇に近侍する職員。そして、現在は宮内庁の侍従職職員。2番目の解説には“薫物(たきもの)の一種。沈香、丁子、貝香、甘松、占唐(せんとう)を合わせる。乙侍従(おと-じじゅう)と呼ばれた女房が作りはじめた”と、書かれています。薫物はレッスンでもお話していますが、粉末にした数種の香原料を練り合わせた「練香(ねりこう)」であり、焚いて楽しむ「焚香(ふんこう」の一種。写真(↑)は8月16日の月。

秋明菊.JPG


源氏物語』をはじめ、平安文学に登場する香はすべて練香です。練香はその初期から春の香り「梅花」、夏の香り「荷葉(かよう)」、秋の香り「侍従」、秋および冬の香り「菊花」「落葉」、冬および祝いの香り「黒方(くろぼう)」の6種に定まっていたといいます。20種以上の練香がありますが、基本的にはこの6種に代表されます。お気づきと思いますが、アロマとハーブ2・5・8・11月レッスン「香り、古今東西」の実習テーマは、六種薫物によるものです。今月は秋の薫物「侍従」にヒントを得て“もののあわれを感じさせる香り”に仕上げます。写真(↑)は秋明菊(2018年9月中旬/北鎌倉)。

六種の焚物.jpg


アロマとハーブ8月は次週29日(木)と31日(土)に開催、残暑厳しい頃と思います。秋のものさびしいさま... たとえば秋風、澄んだ空、静寂、月、虫の音など、各自の秋を香りで表現いただけたらと思います。8月は賦香率13%の「オードパルファム」を作ります。先になりますが、「香り、古今東西・冬編」は11月21日(木)と30日(木)。実習テーマは「黒方/kurobou」、賦香率30%の「パルファム」を作ります。前回のブログで中国南部を旅したことを書きましたが、8月レッスンのおまけの実習として、キンモクセイのチンキ剤も作ります。写真(↑)は六種焚物揃え(販売元:山田松香木店)、(↓)秋空(2016年10月下旬/京都)

秋の空.JPG

.......................................................................................................

●8・9・10月のスケジュール
京都を訪ねるのは今年2月以来。暑い盛りの京都訪問は2015年以来でした。台風の進路を気にしておりましたが、送り火当日までに、奇跡的に過ぎ去りました。そのせいか空気は澄み、雲が流れてほどよく月がかげり、地元の方によれば”今年の大文字焼きはよく見えた”そう。五山送り火の「五山」とは、大文字山、松ヶ崎・妙法山、西加茂・妙見山、左大文字山、嵯峨・曼茶羅山。それぞれ「右大文字」、「妙法文字」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」の送り火を5分おきに燃やして、お精霊さまを浄土へ送るならわし。盂蘭盆会が終わると、夏も終わった感じがして、気持ちが改まります。

大文字焼き.jpg


今週土曜日(8/24)はアロマとハーブ7月の再レッスンを11時より開催します。レッスンテーマは「世界のハーブを巡る旅」。アズキ茶、オオムギ茶、ソバ茶、ダイズ茶、トウモロコシ茶、ハトムギ茶、ベニバナ種茶、麦芽コーヒーなど、「焙煎穀物飲料」なるお茶の試飲とともに、実習では麦の穂を模したパン「エピ」を作ります。詳しくはこちらのブログをご覧ください。レッスンはどなたも気軽にご参加いただけます。 ...気がつけば8月も下旬。暑さは相変わらずですが、虫の声、日差し、空気感から秋を感じ出したこの頃。次の季節を見据えて準備をと、思います。心身疲れが出る頃、お手入れの方もお待ちしております。

8月24日(土) アロマとハーブ7月〔再〕11:00-12:30
8月29日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
8月31日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
9月5日(木) ベビマ11:00-12:00/14:30-15:30
9月19日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
9月21日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
10月3日(木) ベビマ11:00-12:00/14:30-15:30
10月24日(木) アロマとハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
10月26日(土) アロマとハーブ11:00-12:30/14:00-15:30
10月31日(木) ベビマ11:00-12:00/14:30-15:30

アロームロームが主宰するレッスンや、トリートメントのお問い合わせ・ご予約は、恐れ入りますが<info@aromerome.com>にメールをいただくか、080-4175-0913までご連絡お願いいたします