香りdeお花見/祈りの花

今週(4/15)はアロマとハーブ4月〔木曜クラス〕を開催しました。 1年前の春もそうでしたが、今春も思うようにお花見ができませんでした。あちこち、通りすがりにサクラを眺めはしたものの、誰かと一緒にじっくり美しさを共有する、ということがないまま、葉桜の時期を迎えています。4月レッスンは”香りdeお花見”をテーマに、前半部のレ…

続きを読むread more

Bluebonnet/花時の宇治

ブルーボネットの写真がアメリカから届きました。 花弁が日よけ用の帽子・ボンネットの形に似ることから「ブルーボンネット」とも呼ばれます。マメ科のルピナスの仲間で、テキサス州の固有種(テキサスルピナス)であり、州花。フジの花を逆さにしたように見えることから、日本では「昇り藤(のぼりふじ)」や「逆さ藤(さかさふじ)」の名も。花言…

続きを読むread more

キッズアロマ/旅立つ君に

懸命に石鹸を型から抜く5歳児さん。 以前から、お問い合わせをいただいてきた”親子レッスン”や”キッズレッスン”ですが、今年から少しずつ実現したいと考えております。昨春の緊急事態宣言からベビーマッサージのレッスンを無期限休講としております。緊急事態宣言が明け、大人対象のレッスンは再開しておりますが、ベビマについてはもう少し様…

続きを読むread more

アロマとハーブ3月ご報告/花時の向島

先週(3/18)はアロマとハーブ3月〔木曜クラス〕を開催しました。 3月は「ハーブとスパイスのレッスン」の〔春編〕。風邪・インフルエンザ・花粉症や、季節症への植物療法的アプローチを見ていきました。実習ではまずタイムの蒸留を行い、タイムのチンキ剤を作りました。仕込んでおいたタイムチンキを使って2色のグリセリンソープを、そして…

続きを読むread more

初虹/先週(3/13)と今週(3/18)はレッスン

虹との遭遇。 激しく降っていた雨が止み、日没間際の空に虹が現れました。その後、虹はアーチ状になることはなく、気づけば日も暮れていました。「虹」は夏の季語ですが、「虹始見(にじはじめてあらわる)」という晩春を表す呼称もあります。冬に見ることの少ない虹ですが、春、夏と出会う頻度が増えます。「虹始見」は七十二候(しちじゅうにこう…

続きを読むread more

雛祭りに.../アロマとハーブ3月

2種類の桜餅。 今年の雛祭りに関西風と関東風の桜餅、どちらもいただきました。お茶を淹れて幸せな味比べ♪ ところで、道明寺(関西風)は道明寺粉で皮を作り餡を包んだまんじゅう状で、つぶつぶした食感と外観が特徴。関東風桜餅はよく見るのは小麦粉の薄皮で餡を包んだクレープ状の菓子。写真(↑)は人形町・寿堂さんの桜餅。関東風桜餅の皮は…

続きを読むread more

イチゴ摘み/7月までのレッスン開催日

陽を仰ぐように咲くイチゴの花。 イチゴは何もかもが愛おしい。花も形も、香りも。そこにあるだけで元気をもらえるし、眺めるだけでハッピーな気分になれる。どんな器に乗せても華やかで、お洒落なスイーツに添えても見劣りしない、その絶対的な存在感。って、イチゴを褒め称えておりますが(笑)、子供の頃から一途に好きな植物であり食べ物です。…

続きを読むread more

サラダ摘み/アロマとハーブ2月ご報告

ワサビナの優しい緑に癒やされます。 先日、野菜の摘み取り体験をしました。ワサビナ以外にも、カラシナ、クレソン、ケール、コマツナ、コーラルリーフ(カラシナの仲間)、サラダナ、サンチュ、シュンギク、スイスチャード、セリ、セロリ、タアサイ、チンゲンサイ、菜の花、パクチー、ミズナ、ミツバ... と、数えきれないほど菜っ葉を摘ませて…

続きを読むread more

Forms for Fragrance/今週(2/13)はレッスン

佇まいも作品名も印象的な香水瓶。 パナソニック汐留美術館で開催中の「香りの器 高砂コレクション」展に行きました。最古の展示品は紀元前10世紀のキプロスの香油壺。アルコールが発明されるよりずっと昔、香水は油に香りを移した「浸出油」でした。紀元前5-6世紀頃のギリシャの赤絵香油壺の洗練された柄と形、本当に驚きでした。個人的には…

続きを読むread more

2月のレッスン/立春大吉

早いもので、2月。 今年は2・5・8・11月に「植物美容」と「ハーバルコスメ」学ぶレッスンを、冬から春、春から夏、夏から秋、秋から冬の、季節の変わり目に開催します。各時期に活躍するであろう植物油脂やハーブ、その活用法など紹介。レッスンをとおして、季節ごとの肌状態のみならず、ご自身の心と体と向き合う機会、ひいては「衛生管理」…

続きを読むread more

ますます.../干し柿のミルフィーユ

銘を「やくばらい」。 茶の葉さんの、豆まきの枡を模したお菓子。あと数日で節分、そして翌日には立春を迎えます。ところで、今年の節分は2月3日ではなく2日。1日早まるのは明治30(1897)年以来、124年ぶりとのこと。ちなみに、節分が2月4日になることもあり、こちらは昭和59(1984)年、37年前が直近のようでした。今年は…

続きを読むread more

アロマとハーブ1月ご報告/ Wintersweet

「香りで守る・香りで癒す」 2021年のレッスン全体のテーマです。植物の香りに満ちたレッスンとなりますように。癒しのひとときとなりますように... 今年は1・4・7・10月に国内外の精油やさまざまな香料、調香を学ぶレッスンを開催。1月は〔冬編〕。この時期の要となる12種類の精油を紹介しましたが、実際には20種以上の精油を扱…

続きを読むread more

2021年のレッスン/galette des rois

本年もよろしくお願いします。 2021年のレッスンスケジュールをUpしました。レッスンの軸となるテーマは「衛生」。衛生と聞いて”清潔にする”"清潔に保つ”などのイメージを持つ方も多いと思います。英語では「hygiene」や「sanitation」。前者は個人の衛生、後者は公衆衛生といったニュアンス。「生」を「衛(まも)る」…

続きを読むread more

冬休み(12/30~1/5)/雨過天晴

年内も残すところ1日。 2020年も大変お世話になりありがとうございました。2021年が明るく楽しく健やかな年となることを切に願います。サロンは12月30日(水)より1月5(火)まで冬休みをいただきます。年明けは1月6日より通常どおりです。なお、冬休み中もご予約やお問い合わせなどはメールとお電話にて受けつけております。初回…

続きを読むread more

特設レッスンご報告/パネトーネ開き

先週(12/17、19)は特設レッスンを開催しました。 ポマンダー自体は例年どおりキンカンを使用。いつもと異なる点はシナモンやスターアニス、ローレルなどのスパイスや、大小さまざまな木の実に穴を開けてテグスを通したり、穴が開けられない素材はテグスで巻くなどして吊り下げタイプに仕上げたこと。松ぼっくりは使いませんでしたが、ポマ…

続きを読むread more

アロマとハーブ12月ご報告/今週は特設レッスン(12/17、19)

先週(12/10、12)はアロマとハーブ12月レッスンを開催しました。 レクチャーでは「野菜と果物の語源」「果実的野菜、野菜的果実」「植物の分類」「ベジタリアンとは」など、いくつかのテーマでお話ししました。実習は「ヴィーガン・レーズンサンド」。6月に開催した〔春編〕の実習で、即席でナッツバターを作り、ナッツバター入りクッキ…

続きを読むread more

YELLOWLUX/スパイスオーナメント

初めて目にしました。 福島の花農家・藤田玄夫さんが今秋に世に出した「イエロールクス」という品種。輝く黄色の苞(花弁様の部分)と、苞を縁取る深緑の葉。色彩のコントラストに惚れぼれするとともに、その葉の質感にも驚かされました。チュール? サテン? ナイロン製のリボン生地みたいな触り心地。トウダイグサ科・ポインセチア(学名:Eu…

続きを読むread more

pomme d'ambre/来週(12/10、12)はレッスン

本場のポマンダー。 昨年の今頃、ドイツ&東欧旅行に出かけられた方からお土産でいただいたものです。クリスマスマーケットで大中小さまざまなポマンダーが吊るされて売られていたそうです。この時期のヨーロッパのクリスマス市は賑やかで眩いのでしょうね。モミの木、アニスやカルダモン、クローブ、シナモン、ローリエなどで作るグリューワイン、…

続きを読むread more

アロマとハーブ11月ご報告/ポマンダーを作る会(12/17、19)

今週はアロマとハーブ11月レッスンを開催しました。 11月のレクチャーテーマは「香り四方山ばなし」。レクチャー前半は香水にまつわる話を、後半は日本・関東の森についてや、フィトンチッドなど森林・樹木の香りについてお話しました。1回のレッスンで扱った精油の数は、これまでで最多だったかもしれません。今回はウッディノートの精油、お…

続きを読むread more

来週は11月レッスン/1-3月のレッスンスケジュール

来週(11/19、21)はアロマとハーブ11月レッスンを開催します。 香料や調香を学ぶ「フレグランス&アート」の第4回目〔冬編〕です。レクチャーテーマは香水にまつわる四方山話や用語解説、今月は木の香りに焦点をあててお話しします。実習テーマは「The spruce(モミ)」としております。ヨーロッパの街角や市場などでクリスマ…

続きを読むread more