アロマとハーブ11月ご報告/ポマンダーを作る会(12/17、19)

今週はアロマとハーブ11月レッスンを開催しました。 11月のレクチャーテーマは「香り四方山ばなし」。レクチャー前半は香水にまつわる話を、後半は日本・関東の森についてや、フィトンチッドなど森林・樹木の香りについてお話しました。1回のレッスンで扱った精油の数は、これまでで最多だったかもしれません。今回はウッディノートの精油、お…

続きを読むread more

来週は11月レッスン/1-3月のレッスンスケジュール

来週(11/19、21)はアロマとハーブ11月レッスンを開催します。 香料や調香を学ぶ「フレグランス&アート」の第4回目〔冬編〕です。レクチャーテーマは香水にまつわる四方山話や用語解説、今月は木の香りに焦点をあててお話しします。実習テーマは「The spruce(モミ)」としております。ヨーロッパの街角や市場などでクリスマ…

続きを読むread more

シベリウス「The Spruce」/あをによし

11月19日(木)と21日(土)にアロマとハーブ11月レッスンを開催します。 レクチャーテーマは「フレグランス&アート」〔冬編〕。2月に〔春編〕、7月に〔夏編〕、8月に〔秋編〕を開催しました。今年の調香は音と香りのコラボ。春編はサティ「アーモンド入りチョコレートのワルツ」、夏編はドビュッシー「夢想」、秋編はショパン「ノクタ…

続きを読むread more

10月再レッスンご報告/たまさかに

先週(10/22)はアロマとハーブ10月再レッスンを開催しました。 寒くなってくると、温かいものが恋しくなります。ミツロウを使った実習も、秋冬に開催することが多いですが、10月レッスンでは多目的バーム(軟膏剤)を作りました。用いたオイルはカスターとカレンデュラ。そこにお好みの精油を数滴。ミツロウを使う実習ではいつもオイルウ…

続きを読むread more

10月レッスンご報告/届くといいな

先週(10/15、17)はアロマとハーブ10月レッスンでした。 今月のレッスンの主役はヨーロッパ原産のシナノキ科のリンデン(学名:Tilia europaea)、和名を西洋菩提樹(せいようぼだいじゅ)といいます。「菩提樹」と聞くと、お釈迦さまが悟りを開かれた“あの木”だと想像する方もいらっしゃるかもしれません。“あの木”は…

続きを読むread more

阿蘭陀雉隠/今週(10/15、17)はレッスン

何の実でしょうか? ユリ科のアスパラガス(学名:Asparagus officinalis)の最もおいしい季節は5、6月頃ですが、さまざまな栽培方法によって今では年中見るようになりました。でもやはり、路地ものはハウスものに比べると、おいしさが格段に違います。アスパラガスは抗酸化力が高く、ガン予防や老化防止、美容にも効果的と…

続きを読むread more

Buckwheat/Harvest moon

何の花でしょうか? 前にもブログで取り上げたことがありますが、タデ科・ソバ(学名:Fagopyrum esculentum)の花が満開です。ソバ畑にいるとチョウやミツバチがあちこちで蜜を吸うのを目にします。“ソバは自家受粉ができない植物”と聞いたことがあります。昆虫に花粉を運んでもらうことで受粉できる他家受粉作物。ところで…

続きを読むread more

アロマとハーブ9月ご報告/10月はリンデン

先々週(9/19)と先週(9/24)、アロマとハーブ9月レッスンを開催しました。 「スパイスとハーブを学ぶレッスン」〔秋編〕では「スパイスとは何か?」に始まり、スパイスとハーブの違い、スパイスダイエットについてや、甘味を増強するスパイス、くしゃみを引き起こすスパイス成分など、スパイスにまつわる話をしました。実習テーマは「ス…

続きを読むread more

明日は9月〔土曜クラス〕/波のように...

今週(9/19)・来週(9/24)と9月レッスンです。 ご案内が直前となり申し訳ございません。今月のアロマとハーブは〔土曜クラス〕が明日、〔木曜クラス〕は来週木曜日となります。ハーブとスパイスを学ぶレッスンの〔秋編〕では、スパイスについて詳しく学んで参ります。Aromeromeのレッスンでは基本的には植物性食材だけを使った…

続きを読むread more

ハーブとスパイスで「Cream Tea」/感謝と目標

スコーンの研究。 ロンドンで語学留学していた頃、ホテルやティルームが提供するアフタヌーンティを、学校帰りに食べに行ったものでした。ですが、一流ホテルのアフタヌーンティは値段もはるし、気楽な服装では行けません。ティタイムに何を求め、何が食べたいのか突き詰めたら、友人といるときは「楽しいおしゃべり」が大事な要素ですが、一人のと…

続きを読むread more

アロマとハーブ8月ご報告/蘇る器

先週(8/27)はアロマとハーブ8月〔木曜クラス〕を開催しました。 レクチャーでは「かおりにまつわるetc.」「かおりとにおいの世界観」「イヤなにおいとは」ほか、いくつかの話題を準備しておりました。アロマテラピー(芳香療法)のレッスンではありますが、今回、”体臭”、そしてまた“不快臭”といったネガティブなにおいの事例も見て…

続きを読むread more

アロマとハーブ8月/巡る季節

先週・今週とアロマとハーブ8月レッスンです。 今月のレクチャーテーマは「かおりにまつわるエトセトラ」。「かおり」と「におい」、「香」と「薫」、「匂い」と「臭い」、「臭」と「嗅」... なんとなく違いがわかるけれど、説明できるほどではない... 私も以前は説明できませんでしたし、今でも、正しく嗅覚言葉を使い分けているか?…

続きを読むread more

今週・来週はレッスン(8/22、27)/アイスの夏

今週・来週(8/22、27)はアロマとハーブ8月レッスンを開催します。 今月のレッスンは香りをセラピーのみならずアート感覚でも楽しむレッスン「フレグランス&アート」の〔秋編〕です。”アロマティック”な話題をいくつか準備しておりますが、今月は挑戦的?なテーマも準備中です。”不快な香りって何だろう?” 生活をしていると顔をしか…

続きを読むread more

心より/ペルセウス座流星群

ステイホームのお盆。 お墓参りもままならず、自宅にて。大切な人たちを思いながら、手持ち花火でハートを闇に描きました。またいつか出会えますように。そしてまた、幸せで穏やかに暮らしていますように... 毎年のことながら、お盆を迎えると、「あー、夏もそろそろ終わるんだなぁ」と感じます。今夏は予定していたイベントや旅行なども軒並み…

続きを読むread more

藍染めのはなし/水の香り

前回のブログで藍染めについて書きましたが... 7月の末、藍染め体験をしました。そもそも藍染めに至ったきっかけは、メディアで“お好みの色や柄に染めてマスクそのものも楽しんでみては”と紹介されるのを目にしたこと。ちょうど手元に未使用の木綿マスクがある(!) 染める範囲が狭く、またガーゼが重なって微妙に厚みがあるため、ビー玉と…

続きを読むread more

藍刈/港区立みなと科学館

蓼藍(たであい)の葉を刈る季節。 日本、そして世界を代表する染め物・藍染め。藍は”人類最古の染料”と呼ばれ、その原料となるのはタデ科のタデアイ(学名:Persicaria tinctoria)。東南アジア原産で、日本へは奈良時代にはすでに大陸より渡来していたといいます。葉は染料のほか、乾燥させて解熱・殺菌の薬や、葉や茎を粉…

続きを読むread more

アロマとハーブ5・7月ご報告/CHILDREN WITH DOLLS

先週(7/18、20)はアロマとハーブ5月と7月レッスンを開催しました。 本来ならバラの季節・5月(5/21、23)に行う予定だったレッスン。2カ月遅れでの開催となりました。実習では「リードディフューザー」と「オードトワレ」を作りました。写真(↓)左がリードディフューザー。市販の精油入り絵の具で色と香りを付けた液体に、お好…

続きを読むread more

七夕さまへ/8・9月レッスン開催日一部変更

尊い命が無事でありますように。 苦しみや悲しみが一刻でも早く過ぎ去り、事態が好転しますように。そればかり願います。 ...本日七夕。童謡「たなばたさま」の歌詞がどんなだったか調べたところ、1番目の歌詞は<ささの葉さらさら/のきばに揺れる/お星さまきらきら/きんぎんすなご>、2番目は<ごしきのたんざく/私が書いた/お星さまき…

続きを読むread more

夏を越す/アロマとハーブ4月〔再〕ご報告

水無月(みなづき)。 今年は京阿月さんの水無月。こどもの日に柏餅をいただくように、6月三十日(みそか)に決まって食べる和菓子です。水無月を食べる習慣は平安時代までさかのぼるそうですね。米粉を使った三角形の外郎(ういろう)に暑気払いの小豆をぎっしりと散りばめた、氷室(ひむろ)の氷を模したお菓子。1年の折返し地点となる6月、各…

続きを読むread more

藍胡蝶/アロマとハーブ4・6月ご報告

先週(6/18、20)は2カ月ぶりのレッスンを開催しました。 驚くような深い青、まるでインクみたいです。近年、製菓やレストランで使用されるのを見るようになったマメ科ハーブ「バタフライピー(学名:Clitoria ternatea)」のお茶。これほどの青さ、食欲をそそるかと問われるといかがでしょう(笑)。でも、見る人の興味や…

続きを読むread more