ぷち☆あろまらいふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 奄美の黒糖と大島紬/今週(11/21、22)は再レッスン

<<   作成日時 : 2015/11/18 10:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

砂糖黍畑。

画像


イネ科のサトウキビ(学名:Saccharum officinarum)は別名を「甘蔗(かんしゃ、かんしょ)」といい、アカザ科甜菜(てんさい/学名:Beta vulgaris ssp. vulgaris)とならび砂糖の原料植物。日本では沖縄や奄美群島を中心に栽培されます。タケのような節(写真↓)は、固い皮をむくと糖分を含む髄(ずい)となっており、生食したり、搾汁を製糖や酒類、食品化学工業、工業用エタノール製造の原料にするなどさまざまな利用法があります。また、搾汁後の残渣(搾りかす)は「バガス(bagasse)」と呼ばれ、パルプ原料や飼料となり、サトウキビ蝋も採れるそうです。

画像


奄美大島の黒糖製造はサトウキビの収穫時期に合わせ11月から初夏にかけて行われますが、サトウキビをローラーで圧搾し、搾汁を専用鍋に入れ、水酸化カルシウム加えて煮詰めていきます。昔ながらのシンプルな窯、火加減も職人技(写真↓)です。アクをすくいながら、水分の蒸散にしたがって濃度ある糖液へと仕上げていきます。糖液を撹拌機(写真4番目)に移動させ、さらに予熱だけで水分を飛ばします。さらさらだった搾汁は、すっかりどろどろに。そして最終的にはどろり&ぼとっとした状態となり、木枠の上で板状に広げていきます。

画像


作業中はサトウキビ独特の重甘い香りの蒸気に包まれ、まさに蒸気吸入、アロマテラピーです(職人さんにすれば毎日のことであり、火加減や煮詰め加減に真剣に取り組んでいらっしゃるかと思いますが...)。板状の黒糖は温かいうちに切り込みを入れ、冷却乾燥の後、ハサミで切りわけます(写真5番目)。なお、撹拌機に付着した粘土状の黒糖は掻きだしやわらかいうちに指でちぎり、こちらは“なべかき”と呼ばれ、ホロリとしたやわらかな食感を好んで買いにみえる地元の方も多いとか。できたてのなべかきを口に入れると、ふわりと口中で溶けていきました。

画像


黒糖は白糖よりカロリーがやや低めで、カルシウムやカリウム、鉄、マンガンといったミネラルを豊富に含みます。原料は同じサトウキビでも、搾汁を煮詰めた後に精製して作られる白糖に対し、黒糖は精製しないため黒褐色をしており、その色素成分・フェニルグルコシドや、表皮に含まれるオクタコサノール、ラフィノースなどの成分が注目されます。フェニルグルコシドは糖の吸収を抑えるため、血糖値の急上昇を抑えてくれるそうです! ...只今なべかきと、サトウキビの搾汁と酵母菌で作るキビ酢がサロンにございます。ご興味ある方、ぜひご試食いただけます☆

画像

.......................................................................................................................................

●11・12月のスケジュール
以前、ハーブレッスンの実習でハーブ染めを行った年がありましたが、当時のブログ大島紬に触れたことがありました。東京でも庭木や街路樹とされるポピュラーな植物のようですが、意識して見たことがありませんでした。開花期ではありませんが、実際の車輪梅(しゃりんばいバラ科/学名:Rhaphiolepis indica var. umbellata)を目にする機会がありました。シャリンバイの樹皮や材はタンニンを多く含み、その煎液で絹糸に何回・何十回と下染めを繰り返します。そして、大島紬特有の美しい黒を出すために、鉄分を含む奄美の泥田でいわゆる“泥染”を行います。絹糸を染めるだけでも果てしない工程ですが、さらに捺染(なっせん)や手織りが控えているのです!

画像


さて、今週は19日(木)11・14時よりベビマのレッスンを、21日(土)11時からハーブとアロマ10月、22日(日)11時より同じくハーブとアロマ10月、13時半よりハーブとアロマ6月の再レッスンを行います。レッスンに興味のある方やレッスンを逃した方などどなたでもご参加いただけます。また来週(11/26、28)はハーブとアロマ11月を行います。実習見本(写真)がまだ手元にありませんが(申し訳ございません)、日々のケアで活躍するハーブと精油を使った複数のグッズから、お好みのものをお作りいただきます。手軽にできる首・肩・デコルテのケア実技も行います♪

11月19日(木) ベビマ11月A11:00-12:00/14:00-15:00
11月21日(土) ハーブとアロマ10月〔再〕11:00-12:30
11月22日(日) ハーブとアロマ10月〔再〕11:00-12:30
          ハーブとアロマ6月〔再〕13:30-15:00

11月26日(木) ハーブとアロマ11月11:00-12:30/19:00-20:30
11月28日(土) ハーブとアロマ11月11:00-12:30/14:00-15:30
12月3日(木) 特設レッスン11:00-12:00/ベビマ14:00-15:00
         特設レッスン19:00-20:30
12月5日(土) 特設レッスン11:00-12:30

12月17日(木) ハーブとアロマ12月11:00-12:30/19:00-20:30
12月19日(土) ハーブとアロマ12月11:00-12:30/14:00-15:30


アロームロームが主宰するレッスンや、トリートメントのお問い合わせ・ご予約は、恐れ入りますが<info@aromerome.com>にメールをいただくか、080-4175-0913までご連絡お願いいたします。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
奄美の黒糖と大島紬/今週(11/21、22)は再レッスン   ぷち☆あろまらいふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる