ぷち☆あろまらいふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 第1回国際アロマテラピー会議/アロマの未来

<<   作成日時 : 2012/09/04 12:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一般社団法人日本アロマテラピー学会(JSA)による第1回国際アロマテラピー会議が京都国際会館で開催されました。

画像


JSAはアロマテラピーを医療に応用するために1997年に発足した団体。医学的根拠に基づきアロマテラピーを補完医療や代替療法に位置づけ、Care(ケア)とCure(キュア)を視野に入れた実践を掲げ、医療従事者、学生、賛同者で組織されています。IFAは協力参加団体という位置づけで、私はIFAアロマセラピストとして参加しました。

画像


“クリニカルアロマテラピー”や“メディカルアロマテラピー”の実践、日本と世界における植物療法の可能性などを知り大変有意義な会議でした。医師や研究者がリードしていくことはその実践にますます説得力を与え、アロマセラピストが一つの職業として市民権を得ることにつながります。無資格でもアロマセラピストを名乗れる時代から、いずれガイドラインが敷かれ、一定の訓練を受けた者がそれを名乗る時代がくるだろうと感じました。

画像


専門家の発表の多くが精油を薬剤として臨床応用した内容でした。つまり精油による治療です。アロマでは「ホリスティック」をいう言葉を使います。“全体論的”と訳されますが、精油やマッサージ効果以外に、ほの暗さ、ぬくもり、心地良い音楽、香り、美味しいお茶菓子、感覚をフルに使った非日常の体験... さまざまな要素を総じてアロマテラピーだと習いました。“餅は餅屋”ではないですが、医師は医師、アロマテラピストはアロマセラピスト。立場や役割、経験や知識が異なります。今後しっかりした連携体制が整えばよいなぁと思います。
...............................................................................................................................................

●国際アロマテラピー会議、続き
2日目の夕方、レセプションパーティがありました。会2日目にして、参加者700名以上! 男女比や職業の内訳はわかりませんが、アロマセラピストや一般参加者も多かったと思いますが、男性の多さに驚かされました。大半が医療従事者です。海外からも著名な先生が多数いらしていて、パーティは同時通訳付き。琴の生演奏の中、進行しました。

画像


3日間、朝から夕方まで複数のホール、ポスター会場で次々発表があり、聴講者は関心のある演題をハシゴしましたが、ところどころ息抜きの時間もあり、会館の茶室では茶道や香道の体験ができましたし、看護師によるハンドマッサージのブースは大変混み合っていました。また会場内でアロマ関連商品がお手頃価格で購入できました。

画像


会議に参加して感じたことは、総じて日本のアロマテラピーの未来は明るいように感じられました。一方で疑問や不安も生まれました。非医療従事者でないアロマセラピストが医療現場で活躍の場や、一般の認知度や信頼を得るためには、学びの手を止めてはならないと思いました。国内外の研究室で日夜研究が進められ、研究発表は英語でなされます。日本にいると国際的な視点を忘れがちですが、そのことも痛感しました。

画像


...話しは脱線。京都に行くたびに訪ねる山田松香木店。香薬棚は壮観で、香木だけでなく匂い袋やお香、線香、香道具など和の香りアイテムが充実しています。店内だけでなく店周辺に香りが漂います。私は和洋どちらの香りも用いますが、日頃香りには本当に助けられます。大切な人に教わった言葉「一生成香」。江戸後期の禅僧で歌人・良寛の銘ですが、これからも香りの道を歩んでいきたいと改めて思いました。
...............................................................................................................................................

●9月のスケジュール
9月に入り、暑さもようやくおさまってきました。前回“秋支度”などと書いておきながらなんですが、ミニパインを飾っています。あと数日すると熟れてしまうそうですが、クラウン(葉っぱの部分)だけにして植えると、再びパイナップルが生えてくるそうです!

画像


今週は滝沢先生プチ刺繍(9/6)と、9月8日(土)は13時からアロマハーブ、15時から和アロマサロンで行います。〔土曜クラス〕は小津和紙さんで行って参りましたが、準備ミスや移動などを考え、年内はサロンで行います。小津さんでのお買い物を楽しみされていた方には申し訳ございません。アロマハーブ9月は「こころの話し」と役立つ精油とハーブの紹介、実習はお腹に優しいブレンドティとバスタイムを充実させるボディ&フェイシャルスクラブを、和アロマ長月「体の移ろいを考える」では主に年齢に応じた女性の体の変化を考えます。実習は「夜長を楽しむアイテム」。読書や寛ぎのひとときを演出する和と洋の芳香剤(ルームフレグランス)を作ります。

9月6日(木) プチ刺繍11:00-12:30
9月8日(土) アロマハーブ9月13:00-14:30@サロン
        和アロマ長月15:00-16:30@サロン
9月9日(日) サロンお休み

9月13日(木) プチハーブ9月11:00-12:30/19:00-20:30
9月15日(土) プチハーブ9月11:00-12:30/14:30-16:00
         プチアロマ6月〔補講〕13:00-14:30(12:45分にはお集まりください)
9月24日(月) 和アロマ長月19:00-20:30
9月26日(水) アロマハーブ9月19:00-20:30      

アロームロームが主宰するレッスンや、トリートメントのお問い合わせ・ご予約は、恐れ入りますが<info@aromerome.com>にメールをいただくか、080-4175-0913までご連絡お願いいたします。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
第1回国際アロマテラピー会議/アロマの未来   ぷち☆あろまらいふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる