ぷち☆あろまらいふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 胡粉ネイル/燕子花

<<   作成日時 : 2011/05/16 09:01   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

こんなマニキュア待ってました♪ アルコールで簡単におとせ、アロマの香りが楽しめるマニキュア。

画像


胡粉業老舗・上羽絵惣(うえばえそう)さんの「胡粉ネイル」。胡粉(ごふん)とは日本画や日本人形で扱う貝殻を原料とした白色顔料。以前ちらりと紹介したことがあります。取説には“爪に優しく、刺激臭がなく、除光液を使わないがコンセプト”と書いてあります。通気性がよく、即乾性があり、胡粉の含む真珠層によって輝きが出るとか。仕事柄、爪を伸ばしたり爪先のお洒落ができない私ですが、このマニキュアなら気軽に使えそうです。サロンにございますのでご来訪の折、お試しください♪
................................................................................................................................................

●5月レッスン、ご報告&ご案内
今月最初のレッスンは「和アロマ皐月」。〔土曜クラス〕が先日(5/14)にございました。5月の暦、初夏を彩る野菜の植物化学成分、気分をすっきりさせる“緑の香”(グリーン系に分類される精油)を見ていきました。実習は2点、「紫陽花みたいなバスソルト」と「芳香剤」を作りました。

画像


今週(5/19、21)・来週(5/26、28)とサロンの定期レッスンが続きます。プチアロマでは「香りメカニズム」と題して精油の化学の基本を学びます。目には見えない香りですが、香りを構成する成分は何か、なぜ心と体に作用するのか、精油によって注意事項が異なり使用濃度を守る必要があるのはどうしてか...。化学を学ぶとアロマの有効性とともに、危険性の部分も見えてくると思います。実習では「発泡入浴剤」と「シュガースクラブ」作りを予定してます。

画像


プチハーブの2月、3月のレッスンで植物成分を学びましたが、それらが“脂溶性”と“水溶性”に分類できることをお話ししました。フィトケミカルズについて今一度おさらいしながら、有効成分を最適な状態で引き出し利用するための基剤選びについてお話ししたいと思います。実習では「緊張や不安を吹き飛ばすハーブ」をテーマにブレンドティを作り、また、フレッシュハーブとドライハーブを組み合わせて作るハーバルバス(薬草湯)の素を検討してます。
................................................................................................................................................

●5月のスケジュール
週末に根津美術館を訪ねました。庭園のカキツバタの見頃はゴールデンウィークだったようですが、木々の間から紫の一群を垣間見ることができました。

画像


尾形光琳の国宝「燕子花(カキツバタ)図屏風」の図案が刻まれたコーヒーカップ。庭園にある喫茶室NEZUCAFEは四方がガラス張りの造りとなっていて、深い緑に囲まれた美しい空間でした。早いもので5月も下旬に差し掛かりました。

5月19日(木) プチアロマ11:00-12:30/19:00-20:30
5月21日(土) プチアロマ11:00-12:30/14:30-16:00
5月23日(月) 和アロマ皐月〔月曜クラス〕12:30-14:30@小津和紙/19:00-21:00@サロン
5月26日(木) プチハーブ11:00-12:30/19:00-20:30
5月28日(土) プチハーブ11:00-12:30/14:30-16:00
5月29日(日) Blue&Green Run + Yoga & Live 15:30頃スタート(ヨガ中、アロマ演出担当)


アロームロームが主宰するレッスンや、トリートメントのお問い合わせ・ご予約は、恐れ入りますが<info@aromerome.com>にメールをいただくか、080-4175-0913までご連絡お願いいたします。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
胡粉ネイル/燕子花   ぷち☆あろまらいふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる